見えない矯正 どこで受けても同じだと思っていませんか?
見えない矯正 どこで受けても同じだと思っていませんか?
歯の矯正こんなお悩みないですか?
下線
矯正歯科のお悩みpc
矯正歯科のお悩みsp
歯の矯正のお悩み解消できます

「歯並びに悩んでいて治したい。だけど、目立つ治療はイヤ・・・」など女性にとってはハードルが高いものでした。 そんななかで矯正装置の開発は進み、マウスピース矯正は目立ちにくい矯正装置による治療で、人気となってきています。 マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する、画期的な矯正方法です! 一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。金属を使っていないので、唇や口の中の粘膜を傷つけるリスクも低く、自分で着脱が可能。例えば歯磨きや食事時は外して、いつも通り行えます。

お悩み解消

「歯並びに悩んでいて治したい。だけど、目立つ治療はイヤ・・・」など女性にとってはハードルが高いものでした。 そんななかで矯正装置の開発は進み、マウスピース矯正は目立ちにくい矯正装置による治療で、人気となってきています。 マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する、画期的な矯正方法です! 一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。金属を使っていないので、唇や口の中の粘膜を傷つけるリスクも低く、自分で着脱が可能。例えば歯磨きや食事時は外して、いつも通り行えます。

case1目立ちにくいpc
case1目立ちにくいsp

マウスピース矯正の一番のメリットは、装置が目立たないこと! ワイヤー矯正とちがい、薄く透明に近い、医療用プラスチック製の装置は、装着していても着けていることがほとんど分かりません。見た目を気にせず矯正治療を受けることができ、人と接する機会が多い方も見た目を気にすることなく矯正治療を始めることができます。また、同じく目立ちにくい矯正治療である舌側矯正(裏側矯正)のように、舌が矯正装置に触って気になるという煩わしさもありません。

case1写真pc
case1写真sp

マウスピース矯正の一番のメリットは、装置が目立たないこと! ワイヤー矯正とちがい、薄く透明に近い、医療用プラスチック製の装置は、装着していても着けていることがほとんど分かりません。見た目を気にせず矯正治療を受けることができ、人と接する機会が多い方も見た目を気にすることなく矯正治療を始めることができます。また、同じく目立ちにくい矯正治療である舌側矯正(裏側矯正)のように、舌が矯正装置に触って気になるという煩わしさもありません。

case1目立ちにくいpc
case1目立ちにくいsp

歯に固定し、治療終了まで取り外せない矯正器具と違い、自分で着脱できるマウスピース型の矯正装置。取り外して「装置」のお手入れができ、いつも清潔に保つことができます。また隅々までキレイに、普段通り歯も磨くことができます。もちろん、食事の時も、患者さまご自身の手で取り外し、治療中もいつも通り食事ができ、「装置」に食べ物が詰まる心配がありません。毎日の食事を楽しみたい方にはピッタリですね。

case1写真pc
case1写真sp

歯に固定し、治療終了まで取り外せない矯正器具と違い、自分で着脱できるマウスピース型の矯正装置。取り外して「装置」のお手入れができ、いつも清潔に保つことができます。また隅々までキレイに、普段通り歯も磨くことができます。もちろん、食事の時も、患者さまご自身の手で取り外し、治療中もいつも通り食事ができ、「装置」に食べ物が詰まる心配がありません。毎日の食事を楽しみたい方にはピッタリですね。

case3   pc
case3sp

マウスピース型の矯正装置は金属を使用せず、1つのマウスピースで少量ずつ、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため、従来の矯正方法と比べて違和感が少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。

case3写真pc
case3写真sp

マウスピース型の矯正装置は金属を使用せず、1つのマウスピースで少量ずつ、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため、従来の矯正方法と比べて違和感が少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。

case4444pc
case444sp

通常は、歯の移動に合わせて小まめに矯正装置を調整するため通院が必要です。治療期間中に「装置」が歯から外れてしまう、ワイヤーが口の中で刺さる、ブラケットが外れるなどのトラブルが無い為、緊急性が少ないことも特徴のひとつです。インビザラインは進捗に合わせて矯正装置を自分で交換するので、比較的通院頻度を抑えることができます。

case4写真pc
case4写真sp

通常は、歯の移動に合わせて小まめに矯正装置を調整するため通院が必要です。治療期間中に「装置」が歯から外れてしまう、ワイヤーが口の中で刺さる、ブラケットが外れるなどのトラブルが無い為、緊急性が少ないことも特徴のひとつです。インビザラインは進捗に合わせて矯正装置を自分で交換するので、比較的通院頻度を抑えることができます。

case4444pc
case444sp

金属を使用していない装置のため、身体にやさしく、金属アレルギーで矯正治療を躊躇していた方も心配なく歯列矯正治療(歯科矯正)を受けられます。

case5写真pc
case5写真sp

金属を使用していない装置のため、身体にやさしく、金属アレルギーで矯正治療を躊躇していた方も心配なく歯列矯正治療(歯科矯正)を受けられます。

マウスピース矯正は他の矯正とどうちがうの?
マウスピース矯正は他の矯正とどうちがうの?
マウスピース 表側矯正 裏側矯正
リンガル矯正
目立ちにくさ 透明マウスピースのため目立たない  歯の表面に金属を装着するので目立つ  歯の裏側に装置をつけるので見えにくい
取り外しの可否  可能  不可能  不可能
痛みの少なさ ブラケットを使用しないため、違和感が少ない (全く痛くないわけではない)  金属装着特有の装置の不快感がある  歯の裏側にあるので、舌や粘膜に痛みを感じやすい
トラブルの頻度  マウスピースであるため、金属の破損はありません  ブラケットが外れたり、装置の金属破損の場合がある  金属の破損の場合がある
金属アレルギー  金属を使用しないためアレルギーの心配が無い  金属使用による金属アレルギーがある  金属使用による金属アレルギーがある
目立ちにくさ
マウスピース矯正  透明マウスピースのため目立たない
表側矯正  歯の表面に金属を装着するので目立つ
裏側矯正
(リンガル矯正)
 歯の裏側に装置をつけるので見えにくい
取り外しの可否
マウスピース矯正  可能
表側矯正  不可能
裏側矯正
(リンガル矯正)
 不可能
痛みの少なさ
マウスピース矯正  ブラケットを使用しないため、違和感が少ない

(全く痛くないわけではない)

表側矯正  金属装着特有の装置の不快感がある
裏側矯正
(リンガル矯正)
 歯の裏側にあるので、舌や粘膜に痛みを感じやすい
トラブルの頻度
マウスピース矯正  マウスピースであるため、金属の破損はありません
表側矯正  ブラケットが外れたり、装置の金属破損の場合がある
裏側矯正
(リンガル矯正)
 金属の破損の場合がある
金属アレルギー
マウスピース矯正  金属を使用しないためアレルギーの心配が無い
表側矯正  金属使用による金属アレルギーがある
裏側矯正
(リンガル矯正)
 金属使用による金属アレルギーがある
信頼できる医院・ドクターに治療を受けるには
信頼できる医院・ドクターに治療を受けるには

安心して治療を任せられる医院やドクターの実力をどのように判断すればいいのでしょうか?

ドクターは矯正認定であるかどうかpc
ドクターは矯正認定医であるかどうか

実際に矯正を行う歯科医師が、矯正専門の歯科医師かどうかは重要です。なかでも、日本矯正歯科学会から認定を受けた歯科医師が理想です。筒井歯科では矯正治療は、日本矯正歯科学会認定医が行います。

どれだけ向き合ってくれるのかpc
どれだけ向き合ってくれるのか

学位や肩書きに目がいきがちですが、質問がしやすいなどのコミュケーションの呼吸も重要です。

オーダーメイドで作製される矯正装置、患者さまの歯の状態そして治療計画など、ひとりひとりに合わせてじっくりと相談にのり、治療の最良のゴールを一緒に決めていけたらと考えています。

矯正治療が終わったあともpc
矯正治療が終わったあとも

後戻りってご存知ですか?理想の歯並びになって嬉しい!と思って油断していると、しっかりとケアをしないと元に戻ってしまう危険があります。矯正治療が終わった後もずっといい状態を維持できますようにメンテナンスも行っていきます。

どんな矯正器具を採用しているのかpc
どんな矯正器具を採用しているのか

日本では現在、様々なマウスピース矯正があります。アジア製の格安のものもありますが、当院で採用しているのは米国アラインテクノロジー社の「インビザライン」。

バイオメカニクス(生体力学)に基づく透明なマウスピースを用いた矯正のパイオニアです。

白崎先生

矯正担当医師は大阪大学歯学部を卒業後、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科で歯科矯正学の臨床研究を行い博士号を取得。その後も矯正治療を専門に診療を行っている、矯正治療のスペシャリストです。

invizaロゴ


気になる治療費用と期間はどのくらい?
治療費用について
治療費用について

矯正治療を受ける時にやはり気になるのは治療費です。
マウスピース矯正は他の矯正と異なり、治療開始前に必要な費用(精密診断、装置費用、毎月の調整費用)を含み、お伝えすることができます。
毎月の調整料・管理料の費用も発生いたしませんので、安心して治療に専念していただけます。

精密検査・診断
矯正装置料
月々の調整費用
一括支払い940000円pc
一括支払い940000円

(一括払い)

マウスピース矯正のローンはの3回払い〜120回払いのローンをご選択いただけます。
※矯正を始める前に必要なむし歯・歯周病の治療費は含んでいません。むし歯・歯周病の検査には保険適応の費用がかかります。
※無料歯並び相談会に参加した方は940,000円⇛872,000円(税別)です。(下記ローン例は参加した場合のものです。)

 

ローンの例
24回 36回 48回 120回
37,800円 (初回38,465円) 25,700円 (初回25,920円) 19,600円 (初回21,997円) 8,700円 (初回19,162円)
ローンの例
24回 37,800円 (初回38,465円)
36回 25,700円 (初回25,920円)
48回 19,600円 (初回21,997円)
60回 8,700円 (初回19,162円)

(税抜き)

治療期間について
治療期間について
治療期間は1年から2年
治療期間は1年から2年

歯を移動させる量が少ないケースであれば、数ヵ月で終わることもありますが、複雑なケースでは、2年以上かかることもあります。
平均的な治療期間は、1年~2年。治療期間は先生の治療方針や治療計画等によって異なりますが、従来の矯正治療とほとんど変わりがありません。

矯正治療の流れ
マウスピース矯正をはじめるまでに何度でもカウンセリング
マウスピース矯正をはじめるまでに何度でもカウンセリング
step1カウンセリングpc
step1カウンセリング

筒井歯科では費用や治療期間装置についてなど、患者様のお悩み・ご希望、現在の状況をお伺いし、治療前のカウンセリングをじっくり行います。そこでご希望であればレントゲン等の資料をお取りし、治療可能かどうか、治療の選択肢の簡易的な診断と治療金額をご説明します。治療前のカウンセリングをじっくり行い、治療を開始していきます。
※カウンセリングのみであれば費用はかかりません。
※矯正治療を始めるには、事前にむし歯・歯周病の治療が必要です。
※虫歯・歯周病の検査には、保険の治療費がかかります。
※来院の際は保険証をご持参ください。
※マウスピース矯正(インビザライン)の治療が行えるかどうかを確認します。

case1写真pc

筒井歯科では費用や治療期間装置についてなど、患者様のお悩み・ご希望、現在の状況をお伺いし、治療前のカウンセリングをじっくり行います。そこでご希望であればレントゲン等の資料をお取りし、治療可能かどうか、治療の選択肢の簡易的な診断と治療金額をご説明します。治療前のカウンセリングをじっくり行い、治療を開始していきます。
※カウンセリングのみであれば費用はかかりません。
※矯正治療を始めるには、事前にむし歯・歯周病の治療が必要です。
※虫歯・歯周病の検査には、保険の治療費がかかります。
※来院の際は保険証をご持参ください。
※マウスピース矯正(インビザライン)の治療が行えるかどうかを確認します。

nextやじるしpc
nextやじるし
step2納得いくまでご相談pc
step2納得いくまでご相談

初期カウンセリング後はご自宅に帰って、じっくりお考え下さい。

カウンセリングを受けたからといって、必ずしも治療を受けなければならないわけではありません!ご相談は何度でもお伺いします。

case5写真pc
case5写真sp

初期カウンセリング後はご自宅に帰って、じっくりお考え下さい。

カウンセリングを受けたからといって、必ずしも治療を受けなければならないわけではありません!ご相談は何度でもお伺いします。

nextやじるしpc
nextやじるし
マウスピース矯正スタート!
nextやじるしpc
nextやじるし
step1マウスピース作成のための資料作りpc
step1マウスピース作成のための資料作り

矯正を進めることになったら、マウスピース作成のための歯型作成や写真撮影などを行います。データを、インビザラインを世界中に提供している、アメリカのアライン・テクノロジー社に送って、アライナーを発注します。

invisaline

step2-1

矯正を進めることになったら、マウスピース作成のための歯型作成や写真撮影などを行います。データを、インビザラインを世界中に提供している、アメリカのアライン・テクノロジー社に送って、アライナーを発注します。

invisaline

nextやじるしpc
nextやじるし
step2マウスピース完成と装着pc
step2マウスピース完成と装着

まず、矯正1段階目のアライナーを用いての、装着方法や外し方を練習します。
通常、マウスピースのお渡しは2回分ずつで治療を進めていきます。1回分・2週間装着後、次のものに交換しながら矯正を進めていきます。

※1日に20時間以上装着する必要があります 20時間以上装着

step3写真pc
step3写真sp

まず、矯正1段階目のアライナーを用いての、装着方法や外し方を練習します。通常、マウスピースのお渡しは2回分ずつで治療を進めていきます。1回分・2週間装着後、次のものに交換しながら矯正を進めていきます。
※1日に20時間以上装着する必要があります

nextやじるしpc
nextやじるし
step3矯正装置の交換 進捗確認pc
step3矯正装置の交換 進捗確認

患者様ご自身で矯正装置を2週間ごとに交換していきながら、通常1ヶ月ごとにドクターの診察を受けていただき、矯正進捗確認を行います。

step3装置交換 進捗確認!写真

患者様ご自身で矯正装置を2週間ごとに交換していきながら、通常1ヶ月ごとにドクターの診察を受けていただき、矯正進捗確認を行います。

nextやじるしpc
nextやじるし
step4矯正治療の完了 保定機関へpc
step4矯正治療の完了 保定機関へ

すべてのマウスピースを着け終わると矯正治療は一旦完了です。
矯正治療はいったん完了しますが、装置を外した後の歯は少しずつ元の位置へ戻ろうとします。(後戻り)顎の骨や歯周組織が安定するまで保定装置(リテーナー)を装着し、経過を観察します。

※3~6ケ月に1回の頻度でメインテナンス検診に来院いただき、2年経過観察していきます

step4 経過観察中!写真
step4 経過観察中!写真

すべてのマウスピースを着け終わると矯正治療は一旦完了です。
矯正治療はいったん完了しますが、装置を外した後の歯は少しずつ元の位置へ戻ろうとします。(後戻り)顎の骨や歯周組織が安定するまで保定装置(リテーナー)を装着し、経過を観察します。

※3~6ケ月に1回の頻度でメインテナンス検診に来院いただき、2年経過観察していきます

ご予約・お問い合わせフォーム

お問合せ内容 *
診療ご予約 その他お問い合わせ 
お名前 *
ふりがな *
メールアドレス *
メールアドレス確認 *
※携帯メールの場合は、当院からの連絡が受け取れるよう、あらかじめ「tsutsui-group.jp」のドメインを受信可能な設定にして頂くようお願い致します。
電話番号 *
ご相談内容

当院はプライバシーポリシー(個人情報取り扱い)にしたがって患者様・お客様の情報を取り扱います。
ご予約はこちら