こどもの矯正の大切さ

flow_n1

顎の正しい発育を促します

顎の成長を利用して上下の顎(かみあわせの土台)のバランスを整えたり、顎の幅を広げたりすることができます。

n2

永久歯の生え変わりを誘導します

タイミングよく乳歯が抜けないと、その後に生えてくる大人の歯に影響を与えることがあります。また、これから萌えてくる大人の歯の位置や向きが悪い場合には、顎骨の中から大人の歯が出てこない場合があります。適切なタイミングで永久歯の萌え変わりが起こるように誘導してあげることが必要です。

n3

習癖の除去

下唇を噛んだり、指吸いをしたり、舌で歯を押すなど、歯並びに影響を与える癖があります。こういった癖をこどものうちに取り除いてあげることも、将来きれいな歯並びを維持していくうえで重要になります。

n4

コンプレックスの解消

小さい頃から歯並びや口元にコンプレックスを感じているお子さんは少なくありません。早いうちにお子さんのコンプレックスを改善してあげることは、自尊心の向上にも繋がります。

n5

大人矯正の負担をへらすことができます

こどもの治療を行っても、難しい症例によっては大人の矯正治療が必要となることがあります。こどものうちに歯の土台となる顎骨のバランスを整えることで、大人の矯正治療が必要となる場合にも、歯を抜かないといけなくなる可能性を低くしたり、大人の矯正治療の期間を短くすることに繋がります。もちろん、大人の矯正治療が必要なくなることもあります。

Q

いつ、どんなときにはじめたらいいの?

7歳ごろになると、前歯は永久歯に生え変わり、乳歯の奥からは大きな永久歯が萌えてきます。その後、12歳ごろまで、乳歯から永久歯への萌え代わりが順におこります。この間、上下の顎も成長の過程にあり大きく成長します。

こどもの治療では、永久歯の生え変わりや顎骨の成長を上手く誘導することによって行います。「大人の前歯がガタガタに萌えてきた」、「出っ歯になっている」、「反対噛みになっているところがある」、「かみ合わせが深い」等がありましたら、ぜひご相談ください。
「まだ早いのかな?」と疑問に思われる場合にも、望ましい治療開始のタイミングをお伝えすることができると思いますので、ぜひご相談ください。
適切なタイミングで治療を開始することも重要です。治療の開始を待った方が良い場合には、最もよい時期を見計らって治療を開始させていただきますので、ご安心ください。
少しでも治療が必要な期間を短くし、お子様の負担を少なくしてあげることも大切なことだと考えております。

歯学博士(矯正)

白崎かおり

小さなお子様のいるご家庭では、お子様の歯並びについての心配事も多いのではないかと思います。私自身も、4歳と6歳の娘がおり、これからの二人の歯並びがどうなるのか気になるところです。二人ともまだ子供の歯ですが、上の子は、「すきっ歯なので矯正治療はいらないかな?」下の子は、「全然隙間がないので、将来歯を抜いた矯正治療をしないときれいに並ばないのかな?」と、歯磨きをしながら思っています。
クリニックにきてチェアーに座ることも初めてのお子さんにとっては不安なことだと思います。小さなお子さんは、どんなことをするのか、何のためにするのか、きちんと知ることができれば不安が和らぐことを、自分自身子育てをして改めて感じております。このことは、矯正治療についても同じだと思います。保護者の方に、治療の説明をさせていただくことはもちろん、頑張ってくれているお子様にも、褒めてあげながら治療ができたらいいなと考えております。

Profile

歯学博士(矯正)

2009年 大阪大学歯学部卒業
2009年-2010年 岡山大学病院
2010 年- 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
(歯科矯正学分野)
所属学会

日本矯正歯科学会
中四国矯正歯科学会

料金表

こどもの矯正 検査料(セファロ) ¥10,000
診断料 ¥58,000
矯正装置料 ¥360,000
調整料/1回 ¥3,000

※価格は税別です。

Web
bnsp_otona
ご予約はこちら